HOME

文字サイズ

FAQ PASMOの種類

質問
PASMOには,どのような種類がありますか?【京急電鉄】
回答

PASMOには,大人用と小児用それぞれの「記名PASMO」と「PASMO定期券」があります。
また,「無記名PASMO(大人用のみ)」もございますので,ご利用方法にあわせてお選びください。
こちら(PASMOホームページ)も併せてご覧ください。 

【大人用PASMO】
□記名PASMO□
 記名人のみがご利用できるPASMOです。
 ※購入時にお客さまのお名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要です。
 

□PASMO定期券□
 定期券としてご利用いただける記名PASMOです。
 SF分をチャージしておくと,自動改札機にタッチするだけで,定期券 区間外を乗車した運賃も精算できます。
 ※磁気定期券と同様の区間を購入できます。
  

「小児用PASMO」
□記名PASMO□
 記名人が小児運賃でご利用いただけるPASMOです。
 ※すでに別の小児用PASMOや小児用Suicaをお持ちの場合,2枚目の小児用ICカードを購入することはできません。
 ※購入時には,年齢が確認できる公的証明書等(健康保険証や旅券(パスポート)など)をご持参ください。
 ※12歳(中学1年生になる年)の4月1日以降は,使用できません。大人用PASMOに変更いたしますので,駅係員にお申し出ください。
 ※紛失した際は,駅係員にお申し出ください。(紛失再発行の手続きが必要です。手続きについてはこちらをご覧ください。)

□PASMO定期券□

 定期券としてご利用いただける記名PASMOです。
 SF分をチャージしておくと,自動改札機にタッチするだけで,定期券区間外を乗車した運賃も小児運賃で精算できます。
 ※磁気定期券と同様の区間を購入できます。
 
【注意】小学校6年生が,有効期限4月1日を超える通学定期券を購入しても,4月1日以降は利用できませんので,ご注意ください。


「無記名PASMO」
 どなたでもご利用できるPASMOです。
 ※無記名PASMOは,大人運賃が適用されるため,小児用はありません。

管理番号:227 / 更新日時:2020/12/23 01:07 PM

参考になりましたか?