FAQ検索

検索 クリア

検索キーワード


カテゴリ

表示順序


ID検索

ご質問

質問 車内温度はどのように調整しているのですか?【京急電鉄】
回答

冷房は26℃(弱冷房車は28℃),暖房は18℃に車両側であらかじめ設定してあり,
自動制御により温度調整を行なっております。
ただし,車両の種類により温度センサーの取付け位置が異なり,
設定温度と車内温度に多少なりとも温度の違いが生じます。

なお,同じ車両でも場所によっては暑く感じるところ,寒く感じるところもあり,
車内全体を均一な温度で管理するのは難しいのが実情です。
さらに,お客さまの状況(着席・立席・日差しの有無・服装・乗車時間など)によって
温度の感じ方が違うため,すべてのお客さまには満足していただけず,苦慮しております。
冷暖房は強弱の設定がない車両もあり,また,家庭用の空調とは異なり除湿の機能はなく,
1℃単位での指令もできません。
また,暖房は座席下にあるため,温度設定を高くいたしますと,
長時間乗車されるお客さまが低温やけどを負う可能性があることから,
現行の温度設定とさせていただいております。
なにとぞご理解賜りますよう,お願い申しあげます。

電車にご乗車の際は,お客さまご自身にて服装等でご調節いただきたく存じます。

弱冷房車の連結位置は,編成により異なります。
 4両編成・・・浦賀・三崎口寄りから3両目(=品川寄りから2両目)
 6両編成・・・浦賀・三崎口寄りから3両目(=品川寄りから4両目)
 8両編成・・・浦賀・三崎口寄りから3両目と7両目(=品川寄りから2両目と6両目)
12両編成・・・浦賀・三崎口寄りから3両目と7両目と11両目(=品川寄りから2両目と6両目と10両目)


更新日時:2020/08/25 18:05:30  ID:142

このよくあるお問合せは役に立ちましたか?

役立った 役立たなかった


評価